_20210319_023324

こちらはねこブログなわけですが、
新たなブログを立ち上げるほどの内容でもないので、
今日はちょっと趣の異なる記事を書かせていただいてます。

ポッキーの姿を毎日楽しみにして下さっている読者の皆様には、
平にお詫び申し上げます。


注意<以下の記事はネタバレを含みます>


【前置き】

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:Ⅱ』をもって
25年の歴史に幕を閉じたエヴァンゲリオン。


描かれる世界や登場人物についての説明がほぼないまま
次々と起こる問題に立ち向かっていくスピーディーな展開は斬新で
「意味が分からないけれど面白い」
「ロボットアニメながら哲学的」など
王道アニメにはない評価と熱狂的ファンを得た。

エヴァが「異端」「キワモノ」というマニア向けアニメで終わらず
大きな社会現象にまでなったのは
庵野秀明が生み出す世界観があまりにも魅力的であったこと
謎の多いストーリーながらプロットや人物描写が緻密で堅固であったこと
それに加え、ネット上において「考察」が盛んに行われたことも
理由として挙げられよう。

私自身「人類補完計画」鑑賞後には
毎回「脳内補完」で楽しませてもらった。

このように、エヴァンゲリオンは
25年の歳月を刻みながら、アニメの進行とファンの考察がらせん状に交差する
まさにネット時代の寵児と言える作品である。

ちょっと前置きが長くなったが、
こういう一時代を築いた作品の終焉を寂しく思いながら
そして「Q」鑑賞後の(
悪い意味での
)衝撃を思い出しながら
いざ映画館へ。


【全体的な感想】

一言で表すなら「納得」いく結末だった。

今まで謎とされてきた伏線の回収はほぼあったと思う。
(これに関しては「にじだら」さんの考察が素晴らしいかと)

ただ、伏線回収のために
2時間サスペンスの断崖に立つ犯人よろしく
(無口な設定であるはずの)碇ゲンドウがベラベラ説明する場面では
『ゲンドウお疲れ…』という気持ちになってしまった。


あと少し引っかかったのは
ゲンドウは妻ユイとの再会を望み人類補完計画を利用するわけだが
息子シンジの中にもユイはいたわけで
「どうして、今までそんな大事なことに気付かなかったんだ」
「じゃあ、最初からシンジを通してユイを感じてればよかったんじゃん」
という…。

ただ、ゲンドウ・シンジ親子には
綾波レイを代替とした「オイディプスコンプレックス」も
1つのプロットとして描かれているように感じるので
ゲンドウ VS シンジ
という対立構造を生み出すためには
シンジを無条件に愛する父には造型できなかったのだろう。

まあ、そもそもそんなこと考えだしたら
エヴァのストーリー自体成り立たないんですけどね。

無意味な仮定をしてしまったが
こんな風にぐだぐだ考えることができるのも
エヴァの醍醐味。


このように多少突っ込みどころはあるものの
完結作品としては大変満足。


伏線がうまく回収され
ほとんどの登場人物がハッピーエンドを迎えた。
それを見届けることができ
非常にスッキリした気分になった。

とにもかくにも、シン・エヴァンゲリオンを見終わった後には
Q鑑賞直後には予想もしえなかった
大団円とカタルシスが待っていたのである。


「ああ、終わってしまったのか」
一抹の寂しさと心地よい余韻に浸りながら
映画館を後にした。


【シンジの成長】

本作品でいちばん嬉しかったのは
内省的で自己肯定感の低かったシンジ少年が
結末では立派な(それもリア充っぽい)大人になっていたところ。

Qまではやることなすこと全て裏目に出て
シンエヴァ前半でもいじけまくっていたシンジ。

いじけまくって「ボクが死ねばよかったんだ」と思いながらも
空腹に耐えかねて配給食をむさぼり食うシーンは切なかった。

心では死んでもいいと思っているのに
身体は生きることを欲している。


エヴァが描くシンジの精神世界は
出口のない暗闇のようなもの。

その出口が、シンエヴァに至ってようやく見つかる。

出口は唐突に、そして意外な形で姿を現す。


それは、レイを始めとする仲間との絆
そして、まさかの親子ゲンカ

それらによって
シンジの強い自己否定感が
いっきに昇華へと向かうのである。


シリーズを通し使徒と闘い続けてきたシンジが
最後にはラスボス(?)である父との闘いを繰り広げる。

ちゃぶ台をひっくり返すところは
まさに親子ゲンカの王道。


あらゆる過去の場面で
今まで直面することを避けてきた親子が
ひたすらケンカする。

いつまでこのケンカが続くのだろうと
観客が呆れてきた頃
ケンカでは埒が明かないとようやく悟る似たもの親子。

闘うことでなく対話が必要だと思いいたり
対話によって二人は理解しあおうとする。


理解しあった上で、父と息子はそれぞれの道へと進む。
「理解=共に生きる」
でなくていい。
親子であっても、それぞれの幸せ、それぞれの価値観で
自分の生き方を決めればいいんだと。

そして、シンジは自分の存在意義を
認めることができる。

皆の幸せのために自分は犠牲となる
それこそ自分の存在意義なのだと。


自分の心の中(ある意味2次元世界)に閉じこもり
父や仲間と対話することも
自分自身の心の声に耳を傾けることもしなかった少年が
人の幸せを願い
自己の存在意義を認めたうえで
自分を犠牲にしようとする。


そこには、「ボクが死ねばよかったんだ」と思っていた
後ろ向きなシンジはもういない。



その結果、
シンジの中にいた母ユイが
シンジを助けフォースインパクトをとめるのだが
世界の平和を取り戻したのはまさに家族愛だったわけだ。
(ミサトさんの犠牲も、子を想う母の愛によるものだろう)

そして新世紀を迎えるとき
シンジは迎えに来てくれたマリとともに新たな生き方へと進む。


恋愛模様としては
父の愛を求めたアスカは、大らかな父性愛にあふれたケンスケを選び
シンジは、どっしりしたお母ちゃん気質で母ユイとも縁があったマリを選び
レイは「もう闘わなくてもいい自分の居場所」を選ぶ。

最後のシーンで、向かいのホームにレイとカヲルが一緒にいたのは、
カヲルもレイと同じものを求めていたと解釈していいのだろうか。


【庵野監督が伝えたかったこととは】

25年間を費やし壮大な物語を紡いできた庵野監督が
エヴァンゲリオンと共に成長してきた昔の少年少女に
この作品を通して優しいメッセージを送っているように感じた。

今いる場所が心地よくないのなら
闘わずにそこから逃げ出して
別のもっと居心地の良い場所へ行けばいいんだよ


それと同時に
いいかげんエヴァの考察は終わりにして家族を持て
家族はいいぞ~という
叱咤に近い声も聞こえるような気がする。



そして、エヴァンゲリオンをリアルタイムで知らない世代にも
「現実を生きる大切さ」を説いているように思う。

まるで「君の人生をボクは応援しているよ」というように。


生きることは苦しいことではない。
もし苦しいのなら、苦しくない場所を探して
そこで幸せに暮らしてほしい。


エヴァンゲリオンのファンは中年世代以上が大半だろう。
実際、映画館にいたのは(私を含め)30代以上ばかりだった。


しかし、若い人にこそ見てほしい。

今を苦しく感じている人ほど見てほしい。

生きる場所は自分で見つけられるのだ。


少年は神話にはならず
現実の世界で幸せに生きることを選んだ。


【補足】

最後の挿入歌に聞き覚えがあるなあと思ったら
松任谷由実の「VOYAGER」でした。

「VOYAGER」の副題は「日付のない墓標」

全てのエヴァンゲリオンが消失し
新しい世界が始まるにふさわしい曲ですね。

挿入歌ひとつ取っても
庵野監督の本作品にかける熱意とこだわりを感じます。

ありがとう庵野監督
ありがとうエヴァンゲリオン