ある日のこと。

えらく静かなのでポッキーの様子を見に行くと…
和室の掃き出し窓の前でぼんやり外を眺めていました🐱

DSC_3647

障子に映る、木々の影が面白いようです🌳
DSC_3648

夢中で、じーっと見上げています👀
DSCPDC_0000_BURST20210120133419574

一生懸命見上げている後姿があまりにも可愛くて。

「ポッキー、楽しそうだね~」と声を掛けると

DSC_3657

初めて私の存在に気が付いたような顔で、
見返り美人

_20210120_161040

と…ここまではほのぼのした空気だったのですが…

次の瞬間、ポッキーが突然の行動に

「障子に手を掛けないで~

DSC_3661

ギャーーーー
DSCPDC_0003_BURST20210120133649643_COVER

やーめーてーーー
DSC_3662

「ん なんか叫び声が聞こえたような…」
DSC_3663

実は子猫の時に、障子に体当たりして破いた前科のあるポッキーさん

その時破いた腰掛け窓の方はプラスチック障子に張り替えたのですが、
こちらの掃き出し窓の方はまだ紙のままなのです…。

今のところ、爪で開けたらしき穴が1箇所あるだけで、
なんとかキレイなままで過ごしてきたわけですが…

DSC_3665

このまま、障子さんにはポッキーの魔の手から
どうか無事に逃げ切ってほしいものです

それにしても、障子が破れそうな瞬間って心臓に悪いですね
ドキドキ…